Terms of Boost Panel

トップログイン画面

利用規約

1. 第1条本規約について

1-1規約への同意

この規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社サードパーティートラスト(以下「当社」といいます。)が提供するBoostPanel(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を、本サービスを利用する契約者(以下「契約者」といいます。)と当社との間で定めるものです。

契約者が本サービスの利用する場合は、本規約に必ず同意してご利用することとし、当社は契約者が本規約に同意したものと見なします。

1-2規約の変更

本規約は、当社が事前の通知なく変更できるものとし、将来変更された場合も利用者が変更後に利用する際には変更が適用されるものとし、利用者は変更に同意したものとみなすこととします。

1-3規約の適用

本規約は、契約者が本サービスを利用する場合の一切の範囲で適用されるものとし、契約者は本規約を遵守する義務があるものとします。また、当社が本規約とは別に新たな条件を契約者に通知した場合は、その条件は本規約の一部として有効となるものとします。

2. 第2条本サービスの契約

2-1契約の成立

契約者は、本規約に合意した上で本サービスの申込を行うものとします。なお契約は申込み時点では成立せず当社の承諾をもって本契約が成立するものとします。当社は契約者が次のいずれかの条件に該当する場合は、申込を承諾しないことがあります。

1.契約者による、虚偽の申告

2.業務上又は技術上の著しい困難が認められるとき

3.租税公課の滞納や会社更生法申請など、契約者が本サービスの利用料金の支払が滞る懸念があると判断できる事実が認められたとき

4. その他、当社が承諾できないと判断したとき

2-2ログイン ID とパスワードの利用範囲

本サービスは、直接契約を行った契約者のみに利用を認めるものであり、当社との契約関係のない第三者にログインID及びパスワードを伝達することはできないこととします。契約者は、当社が発行したログインID 及びパスワードが第三者に漏えいしないよう管理する責任があるものとし、第三者に対する売買・貸与を行うことはできないものとします。なお、契約者の管理不足に帰すべき事由により当社に損害をもたらした場合、契約者は当社に対し賠償責任を負うものとします。

2-3利用者の定義

契約者のログインID・パスワードが使用された場合は、当社は当社が該当するログインID・パスワードを発行した契約者が使用したものとして見なします。契約者の管理不十分やサービス利用上のミス、第三者の利用によって契約者に損害が出た場合は故意・過失に関わらず契約者が追うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。また、ログインID ・パスワードの第三者による不正利用や盗難にあった場合は、速やかに当社にその旨を報告するものとします。

2-4利用期間

本サービスの利用期間は、別途用意するサービス申込書にて別途定めるものとします。サービス申込書に契約終了日の記載がない場合は、利用期間終了希望月の30日前までに当社及び契約者いずれより書面による解約の申し出のない場合は、申込書で定める契約期間分が自動的に契約更新されるものとし、その後も同様とします。なお、契約期間途中での解約はできないものとします。

2-5料金

サービスの利用料金は、別途用意するサービス申込書の記載に従うものとします。サービス契約書が複数存在することが確認された場合は、当社で管理している最も新しい日付のものに従うものとします。利用料金の支払いは、当社が定める利用料金に消費税を加えた金額を当社が指定する方法により支払うものとし、契約者は請求書に記載された支払期日までに確実に支払うものとします。

なお、当社が請求書で定めた支払期日を経過しても支払が行われない場合は、延滞金として、年20%の割合で計算した金額を当社が定める方法により支払うことに了承するものとします。契約者は、サービスの利用料金が当社により改定される場合があることを了承するものとします。サービスの利用料金は、利用開始日が月の途中であったとしても、日割り計算はせず月額の満額を支払うことに了承するものとします。

2-6申込内容の変更

契約者が申込時に申告した内容に変更があった場合は、当社に速やかに書面にて通知するものとします。

2-7個別契約の優先

本サービスは、本規約のほかに申込書及び覚書等の形式で別段の定めをし、当社が承認した場合は、そこで定められた内容は本規約の一部として取扱い、競合する内容がある場合は個別契約を優先するものとします。

3. 第3条本サービスの仕様と利用制限

3-1本サービスの仕様

契約者は、本サービスを利用することで、ウェブサイトの利用者に対して任意の画像、誘導リンク、フォーム(以下、クリエイティブ)を表示することができます。また、クリエイティブに対して行ったユーザーの行動は、Google社が無償で提供するアクセス解析ツール「GoogleAnalytics」をはじめ、第三者の分析ツールに送信し、保存することができます。但し、GoogleAnalyticsをはじめとした第三者の分析ツールの操作サポートやご質問は本サービスの対象外とします。

3-2利用制限

契約者は、本サービスをウェブサイトの運用状況を改善する目的でのみ使用することができ、システムの模倣など上記以外の目的では利用しないこととします。

また、契約者は本サービスを原則として第三者に公開しないものとし、本サービスによって取得したレポートを第三者に公開する場合は、その第三者に対しても上記の制限を課すものとします。第三者が本サービスを模倣したサービスを開発した場合など、本規約に違反した場合の責任を負うものとします。契約者は本サービスを、マニュアルを参考に慎重に利用をするものと

し、不適切な操作の結果によって本サービスに何かしらの損害を与えた場合は、故意か否かに関わらず相当額の損害賠償を行うものとします。

3-3仕様の変更

本サービスは、当社が必要と判断した場合には、契約者に告知することなく本サービスの仕様を変更できるものとします。契約者が、本サービスの契約期間中にGooglAnalyticsのAPIの仕様改変などにより本サービスの異常を発見したときは、契約者は契約者の設備に異常がないことを確認の上、当社に事象の通知を行うものとします。

4. 第4条本サービスの権利

4-1知的財産権

契約者は、本サービスの利用期間中のみ本サービスによって提供されるシステムの利用を許諾されるものであり、当該期間中及び期間満了後を通じて本サービスに関わる所有権及び著作権、特許権、商標権、その他の知的財産権及びノウハウなどの権利は全て当社に帰属することに同意するものとします。

契約者は、いかなる理由によっても逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングをはじめとした当社の知的財産権を侵害する恐れのある行為をしないものとします。

4-2統計データの取扱い

当社は、本サービスによって得られた統計データを、企業名、個人を特定しない範囲で統計資料として利用し公開できるものとします。

第5条 禁止事項

契約者は、本サービスの利用にあたり、以下のいずれかに該当する行為及びその恐れのある行為をすることはできないものとします。

1.不正アクセス行為など、法律に違反する行為

2.第三者の知的財産権を侵害する行為

3.第三者の肖像権、プライバシーを侵害する行為

4.個人情報保護に関する法律に違反する行為

5.不当景品類及び不当表示防止法、独占禁止法及び公正取引確保に関する法律、特定商取引に関する法律、その他法令・条例に違反する行為

6.犯罪に結びつく行為

7.当社の業務の運営・維持に支障及び著しい損害を与える行為

8.他人になりすました一切の行為

9.公序良俗に違反する行為

10.他人に不利益を与える行為

11.コンピューターウイルスの送信など、本システムの稼働に障害を与える行為

12.本サービス及び当社について誹謗中傷をする行為

13.その他、当社が不適当と判断する行為

契約者は、上記の各項目に該当する行為を行った結果、当社が損害を受けた場合は、当社が被った一切の損害を賠償するものとします。

第6条紛争の解決

6-1契約者の第三者との紛争

契約者が、本サービス及び他のサービスにおけるトラブルの結果、第三者から当社に対して何かしらの請求や起訴などの紛争が生じた場合、当社の責に帰すべき事由がある場合を除き、契約者は自己の責任をもって費用を負担し当該紛争を処理解決するものとします。

第7条サービスの廃止

当社は、理由の如何を問わず本サービスの全部及び一部の変更、追加及び廃止を契約者に事前の通知をすることなくできるものとします。但し、当社は本サービスの全部を廃止する場合には、当社が適切と判断する方法で契約者に廃止予定日の1 ヶ月前までにその旨を通知するよう努力するものとします。

第8条障害及び非常事態

8-1本サービスの障がい又は復旧

契約者が、本サービスの利用中に本サービスについて異常を発見した時は、契約者側で所有する設備に異常がないことを確認の上、当社に事象の内容を通知するものとします。当社が本サービスの設備やシステムに障害を生じたことを確認できたときは、当社は速やかにその障害を修理及び復旧するよう努めるものとします。障害の修理及び復旧が長期間に及んだ場合は、当社と契約者の間で冷静な話し合いのもと、サービスが利用できなかった期間の日割り計算を基本としてサービスの利用額を上限として当社が補填するものとします。

8-2非常事態などの利用制限

契約者は、天変地異や事件などの非常事態の発生及び発生の恐れがある場合は、当社が各法令に基づいて重要通信手段を確保することを目的として、契約者に事前に通知することなく本サービスの提供を停止することができることに同意するものとします。なお、本項に基づくサービスの停止によって生じた契約者及び第三者の損害については、当社は一切の責任を負わないことに同意するものとします。

第9条サービスの停止・解約・中断

9-1停止・解約

当社は以下に挙げる条件に契約者が該当することを確認した場合は、本サービスの利用を停止又は解約することができるものとします。

1.契約者が本サービスの利用料金及び債務を、指定された期日までに支払わなかった場合

2.本利用規約に挙げた条件に違反した場合

3.その他、サービスの停止・中断をするに十分な理由があると当社が判断した場合

4.本サービス以外の当社との契約において、契約者の責に帰すべき事由により解約となった場合

5.当社に対して提出する書類・情報に虚偽の事実があることが判明したとき

6.契約者における民事再生手続開始や会社更生手続開始など、当サービスの利用料金の支払い能力に疑いのある事実が判明したとき

7.租税公課の滞納処分を受けたとき

8.その他、当社が本サービスを継続することに適当でないと判断したとき

9-2サービスの中断

当社は、以下に挙げる項目に該当する場合は本サービスの提供を一時的に中断することができるものとします。

1. 本サービスを提供するサーバなどの機器類が故障した場合

2. 本サービスを提供するために必要な機器類にメンテナンス作業が必要となった場合

3. 本サービスの元となるソフトウェア及びプログラムにメンテナンスが必要となった場合

4. 本サービスを提供するために必要な電気通信設備の障害に障害が発生した場合

5. その他、当社が本サービスを中断する必要があると判断したとき

9-3サービスの停止・中断の通知

当社は、本規約で定めた条件に基づいて本サービスの提供を停止・中断する場合は、原則的に事前に当社が適すると判断した方法で事前に通知するものとします。

しかし、当社の責によらないもの、当社が緊急時でやむを得ない場合と判断した場合によってサービスの提供を停止・中断する場合は事前の通知を必要としないものとします。また、契約者が代理店として第三者に本レポートを提供している場合は、当社は第三者に対してはサービス停止・中断の通知についての責任の一切を負わないものとします。

第10条秘密保持

契約者及び当社は、本サービスの提供・利用の際に知り得た相手方に関する技術、業務、などの公となっていないすべての情報(以下、機密情報といいます)を当社の提携する開発パートナーを除いて第三者に開示、漏洩しないものとします。但し、以下の項目に該当する情報については、機密情報の対象外とすることとします。

1.開示の時点ですでに公知となっている情報

2.機密情報を受領した当事者の責によらずして公となった情報

3.機密情報を受領した当事者が、本サービスの提供とは関係しない第三者から正当に入手した情報

4.機密情報を受領した当事者が、受領の時点ですでに保有している情報

5.受領した機密情報とは関係なく、受領者が独自に開発したもの

6.法令及び官公庁により開示が要求された情報

第11条再委託

当社は、本サービスに関わる業務を機密保持に関する契約書を締結することを条件として、契約者に通知することなく第三者に委託できるものとします。尚、当該第三者の責により契約者に損害を与えた場合は、本規約の定める範囲に従って当社は連帯して責任を負うものとします。

第12条損害賠償

本サービスの提供に関して当社が契約者に対して負う損害賠償責任の範囲は、当社が本規約違反したことに起因する場合及びその他当社に明らかに責がある場合に限定され、本サービスと関連づけて契約者が第三者に提供するその他のサービスは含まれないものとします。本サービスはウェブサイトの表示に影響するシステムであり、導入するウェブサイトのシステムと競合し、ウェブサイトの挙動に影響を与える可能性がありますが、本ツールの導入時は必ず契約者の方でテストの上本番化するものとします。また、いかなる場合においても本サービスにおける損害賠償額は月額の利用料金1 ヶ月分を上限とするものとします。

なお、当社の責めに帰さない事由から生じた損害、回避することが難しい特別な事情から生じた損害及び逸失利益については、当社は賠償責任を負わないものとします。

第13条免責

本サービスにおけるライセンスはすべて当社が保有しており、当社が定めた形式で提供されるものとし、契約者の利用目的への適合性を保証するものではないものとします。当社は本サービスのプログラムの改修やサービスの改善などは当社の判断のもとに行われるものとし、対応の有無や対応時期などについての責任は負わないものとします。

契約者は本サービスを利用する際に、契約者が保有するアクセス解析データの整合性、及び本サービスが提供するデータの整合性は契約者自身で確認するものとし、当社はその義務を負わないものとします。本サービスを利用することで取得したすべてのデータは、契約者自身の責任において利用するものとし、本サービスによって取得したデータによって発生したいかなる損害ついても、当社は損害賠償責任を負わないものとします。また、契約者と第三者の間で発生したいかなるトラブルについても当社は一切の責任を負わず、当事者同士で解決するものとします。

第14条問合せの方法

本サービスに関する当社への問合せについては、契約者が契約の過程で入手した当社の担当者のメールアドレス宛に日本語によってメールにて問合せを行い、当社は月曜日から金曜日の10:00~18:00の間で日本語によりメールにて回答するものとします。なお、当社は問い合わせに対し最善の対応となるよう努力をしますが、回答の期限や回答自体を約束はしないものとし、契約者が満足できる回答を必ずしも約束できるものではないものとします。

第15条契約の譲渡

契約者は、本サービスにおける本規約内容の一切の権利及び義務などを第三者に譲渡及び提供することはできないものとします。但し、当社の書面による承諾がある場合はこの限りではありません。また、当社は契約者への事前の書面による通知をすることを条件に、本サービスにおける一切の権利を当社と権利譲渡に関する契約が成立した第三者に譲渡させることができるものとし、契約者は書面による解約の申し出を行わない限り従うものとします。

第16条個人情報の取り扱い

契約者及び当社は、本サービス提供の過程において知り得た業務上において必要な個人情報(個人情報の保護に関する法律に定める「個人情報」を指します。)は、本サービスを利用・提供する目的の範囲内でのみ使用し、第三者に開示又は漏洩しないものとします。また、その他一切の個人情報の取り扱いについては、関連法令を遵守するものとします。

第17条本規約の有効期限

本規約は別途申込書等で定める本サービスの利用期間の間に有効になるものとします。なお、本サービスの提供終了後も、本規約の第1条、第2条、第4条、第5条、第6条、第10条、第12条、第13条、第16条、第18条、第19条、第20条の内容については、本サービスの提供終了後も有効とするものとします。

第18条準拠法本規約に関しては、日本法が適用されるものとします。

第19条本規約外の項目

本規約に定めのない事案についての問題は、契約者と当社の間でお互いに誠意をもって冷静に協議し解決をするものとします。

第20条管轄裁判所

本サービスに関わる一切の訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所するものとします。

<2019年 4月1日 制定>

トップログイン画面